焼鳥YAMATO | YONEZAWA 鶏 NIKUTEN

焼鳥YAMATOYONEZAWA 鶏 NIKUTEN

大切に育てる
手間を惜しまず
調理する

飛来幸地鶏

宮崎県育ちの名古屋コーチン。卵を産んで羽を生えかえさせる前に鶏肉にしています。そのため、肉質がとてもよく、脂が常温で溶けるくらい綺麗です。

大和肉鶏

奈良県の特産品。適度の歯ごたえと、締りの良い肉。2007年には地域団体商標に登録され、ブランド地鶏となった。

プレノワール

肉のきめが細かく、低カロリー。フランス公認の優良品質を保証するラベル・ルージュ(赤ラベル)の認可を受けた鶏種

近江軍鶏

肉質が適度な弾力を持ち、歯ざわりが良く、コクと風味が豊かで、皮の肉厚と油の付き具合が良く、濃厚な鶏肉。

生産者と共に
「本当に美味しい鶏を育てる」

YAMATO専用鶏舎を設け、肥育日数の指定や生育環境を整備していただいています。

奈良県天理市 T.ファーム

奈良盆地を見渡せる田園風景の広がるTファームの鶏舎内に、YAMATO専用の鶏舎を設け「大和肉鶏」と「プレノワール」を肥育して頂いています。通常よりも長い150日以上育てることで、理想的な脂のきめ細やかさや肉質の艶やかさを実現できました。

滋賀県高島市 養鶏のかた岡

豊かな水と緑に恵まれた琵琶湖を望む安曇川のほとりで、日あたりと風通しのよい清潔な開放鶏舎で平飼いの「YAMATO専用の近江軍鶏」を育てて頂いてます。米粉はなるべく少なく、遺伝子操作組み換えをしていない国産のとうもろこしを多く与えることでコクのある肉質に仕上がっています。

フサンタージュ(熟成鶏)

鶏の羽毛を抜く際、お湯につけて抜くことが大半ですが、その時に毛穴に水が入り、その水が悪くなることで肉の味が落ちてしまいます。YAMATOでは脱毛後3〜5日間恒温高湿庫で熟成させることで余分な水分を抜き、旨味をギュっと凝縮させる処理を施しています。YAMATOで取り扱いのすべての鶏肉に熟成処理(フサンタージュ)を行っています。

日本酒

日本全国から、季節に合わせたお酒を数多く仕入れています。それぞれの酒質にあう温度帯で最適な熟成を経てから、お客様にご提供致します。-2度で半年間落ち着かせる酒や、常温で何年も寝かせる事で、その酒の持つ本当の美味しさを引き出す工夫をしております。

器(うつわ)

江戸時代の古伊万里や、現代作家の作品を多く用いております。最高の鶏肉、調理にベストマッチな器を常に考えています。お酒は口当たりで味わいが変わってくるので、お好みの物で楽しんでいただけるよう、酒器も様々取り揃えております。

オーナー川口 伸shin kawaguchi

大阪府出身。鶏肉販売業に携わる中で「お客様に美味しい焼鳥を直接届けたい」と料理人の道へ。
販売業で培った知識を生かし、2001年に焼鳥【かわぐち】、2009年に【焼鳥 YAMATO 北新地】を開店。2018年には、奈良県天理で専用鶏舎を持ち。経験に基づいた肥育日数などを実行していただける生産者と共に本当に美味しい鶏を探求し続けています。